トップ » リノベーション関連ページ » アパートリノベーションで空室対策

アパートリノベーションで空室対策


アパートの空室対策として最善のアイデイアと言えるのが、
リノベーションによる設備全体のリニューアルです。

古くなったアパートよりも、多少家賃は高くても新しいアパート、
個性的なアパートに住みたいという需要がここ最近多くなっています。


昔のように大学生が楽しく集うようなアパートはかなり減ってきていますが、
古い木造アパートを大々的にリニューアルし、人気の賃貸物件に変わるという例は
とても多くあります。

最近の事例では、東京都中野区にあるブルースタジオさんが行った、
フルリノベーションにより、築40年のアパートにも関わらず、即日、
入居者が決まってしまったとニュースになりました。

■ブルースタジオさんのニュース記事はこちらから
http://sumai.nikkei.co.jp/edit/rba/modelroom/detail/MMSUa7001012032012/

このような事例からも分かるように、もちろん耐震設備や部屋の狭さこそあっても、
そのようなマイナス要素を全て取り除くほどの素晴らしいデザインコンセプトを持っていれば、
古い木造アパートでも満室にすることが可能なのです。


アパートといえば規模は小さく、また学生が多いというイメージがありますが、
昔ながらの下宿を改造した例も多く、中には女性専用の一見高価そうなものなどもあります。

入居募集開始をしてすぐに満室になるところも多く、
対費用効果も大変すぐれていると大家さんにも評判です。

考えてみれば築年数が40年もある木造のアパートが、流行のリノベーションによって、
最新型あるいはよりモダンでお洒落な人気物件に変わるのですから、まさに物は試しという
言葉がぴったりと言えます。

今ではこのアパート専用のリノベーション業者さんも多くなり、特に都心部では、
たくさんの木造アパートが改築することなしに、息を吹き返している様子を見ることができます。

また、入居者に特に人気が高いのが、昔ながらの立地条件の良さだそうで、
駅からの便も良く、四方へのアクセスを見ても全てがバランスが良いと、
感じる方がとても多いようです。

また入居者がつくかどうか、についてはやはり第一の不安なポイントと言えますが、
最近では入居者を獲得してから施行するという早業を組む業者さんも多くいます。

このあたりはリノベーションと新築の違い、モダンなたたずまいと、
新築としての価値を持つただの部屋という違いが大きく露出している
ポイントであるとも言えます。

もし、あなたがアパートをお持ちで空室に悩んでいるのであれば、
一度、見積もり比較ナビにご相談ください。

当サイトに加盟している業者は、アパートのリノベーションを得意としている、
優秀な業者が多数加盟しておりますので、きっと、あなたの悩みを解決して
くれることと思います。


まずは、資料請求かお電話にてお問合せください。

あなたのアパートが満室になるようスタッフ一同全力でサポートさせていただきます。