トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い


まず、リフォームとは“古くなった箇所を修繕して生活上の不便さを無くす”ことを言います。
そして、リノベーションとはその上の“自分らしい生活空間を求める”といった意味があります。

簡単にご説明すると、“リフォーム”とは、老朽化した建物を初期の性能に戻すことを言い、
クロスの張り替え、キッチン、トイレ、お風呂等の交換をする小規模な工事を指します。

それに対して“リノベーション”とは、補修工事するところまではリフォームと同じですが、
大きな違いは、建物の持つ初期の性能以上の新たな付加価値を付け加え、お部屋を
再生させることです。

新築同様を目指すものではなく、現在あるお部屋を活かしながら、
インテリア等を上手に組み立て、満足度の高い自分仕様の部屋に変えること。

つまり、世界にひとつだけのオンリーワンのお部屋に出来るということです。

リノベーションリフォームの工事は、お部屋の専有部分において、設備や内装をすべて取り壊し、
一度コンクリートむき出しの状態(スケルトン)まで解体します。

これを“スケルトン状態”と言います。

リノベーションとリフォームの違い

普段の生活では目に見えない、古くなった配管・配線は、現在の技術で作られた耐久性、
機能性に優れた新しいものに交換します。

また、過去の間取りを解体し、現在の新しい生活スタイルに合った、
あなた好みのデザインを施し、あなたに合った空間を作り出します。

ただ、お部屋を綺麗にするだけではなく、リノベーションを行うことにより、
世界で一つだけのお部屋、自由な暮らしが手に入ります。

対策

詳しくは、資料請求をして下さい。

資料をお読みになり、リノベーション工事についてじっくりと検討してみて下さい。

リノベーション費用見積比較ナビが、あなたの理想のお部屋やリノベーション工事の
サポートを全力でさせて頂きます。