トップ » 子供が喜び成長を考えたリノベーションとは?

子供が喜び成長を考えたリノベーションとは?


家族が増えることにより、部屋数が足りなくなったり、使い勝手が悪くなったりします。
しかし、子供の誕生前に、子供の数を想定した間取りを用意することはなかなか難しいものです。

子供達も、成長と共に、自分の空間を欲しがるようになります。
また、男の子と女の子の兄弟であれば、別々の部屋を好んできます。

その時に、狭くともそれぞれ固有の空間を作ってあげることも、子供の成長を促すためには
必要です。

例えば、リビングの一室を子供部屋にする。また、その際に壁を薄くすることもポイントです。
何故なら、壁を厚くしてしまう分、部屋が狭くなってしまうからです。

ただ、薄すぎても、勉強部屋になった時にリビングのテレビの音や話声が部屋に入ってしまい、
勉強に集中出来ないなんてことも考えられるので、その辺は考えてリノベーションするように
して下さい。

しかし、いずれは巣立っていく子供たちですから、子供部屋が不必要になる時期も来ます。
その時は、気軽に元に戻せるような形にしておくと良いでしょう。

幼少期のお子様をお持ちのお父さんへお薦めのリノベーション


赤ちゃんを育てるのには、色々と考えなければならないことあると思いますが、
第一に考えなくてはならないのは、愛する子供の安全です。

赤ちゃんにとって、床の段差や柱は凶器に変わります。ちょっと目を離した瞬間、
柱に頭をぶつけてしまったり、よちよち歩きの時など、段差で怪我をしてしまうこともあります。

そのような危険を回避するには、段差を無くしたり、柱を移動したりと、
出来るだけお部屋に障害がないように、フラットなお部屋してあげることです。

また、最近はアレルギー体質の赤ちゃんが少なくありません。そのような赤ちゃんを
お持ちのご家庭はシックハウス症候群対策を考えなければなりません。

発症の原因物質とされるホルムアルデヒドなどを含まない、
建材を使ってリノベーションすることが必要となってきます。

リノベーションをする上で、壁や床を天然素材やシックハウス対策の建材への交換は評判です。

中には出産と同時に中古マンションを購入し、リノベーションをしながら
シックハウスをおこさないよう徹底したホームクリーニングを行う方もいます。

そして、赤ちゃんのお世話に欠かせないのが水まわりです。

子供が小さい時は、お風呂やシャワーを一日に何度も使ったり、
頻繁に洗濯したりと、水回りを使う頻度が急激に高まります。

赤ちゃんのいる家庭では使いやすいように、水まわりを
キレイにしておくのも大事になってきます。

このようなことをふまえ、これから出産を控えていたり、既にお子様がお生まれになったご家庭では、
安全で、奥さまが楽しく、便利に育児が出来るような、お家にリノベーションしてみてはいかがでしょうか。

育ち盛りのお子様をお持ちのお父さんへお薦めのリノベーション


育ち盛りのお子さんをお持ちのお父さんにお薦めなのは、寝転んでも、遊んでも
安心なバリアフリーの床です。

赤ちゃんの時と考え方は基本同じです。育ち盛りの子供たちは、部屋自体が遊び場です。
転んだり、ジャンプしたり、アグレッシブに遊びます。

しかし、そんな時も、段差や突起物に衝突してすべり症にならないよう、
バリアフリーを考慮した構造にしておくことが大切です。

床も下の階の住民に迷惑を掛けないよう、衝撃を吸収できるような床や、シックハウスを
出来るだけ予防できる壁紙など、子供たちの住環境にあったリノベーションをお薦めします。

また、収納を重視した散らかさない部屋作りにすることも大事です。

子供部屋が散らかる理由には共通していることがあります。
それはお部屋に収納が少ないということ。子供は収納力がありません。

だからこそ、しまいやすい収納をあらかじめ部屋に備えておくことが重要です。
散らかしたおもちゃは、その中に全て入れる。そして隠す。

それだけで、散らかさない部屋になるのです。
収納力のある部屋に子供部屋は作ることがコツです!

子供は成長がとても早いので、洋服や玩具がどんどん増えます。
その時になって必ず必要になってくるのが、玩具や洋服を収納出来るスペースです。

現在住んでいる家が狭いのであれば、押入れを変更して洋服を収納出来るように
クローゼットにしたり、屋根裏をロフトにしてみるという工夫も可能です。

年々増える洋服やおもちゃをしまったり、思い出の品を保管するのには
収納スペースが無ければなりません。

また、遊びも重要ですが、学習する環境が備わっていることが、子供部屋の重要な役割です。
勉強机も、子供の成長に合わせ調整出来るものを選ぶことがポイントです。

子供の成長を考え、想像し、業者と綿密に相談して、提案してもらうようにしましょう。

受験を控えたお子様をお持ちのお父さんへお薦めのリノベーション


当然のことながら、受験期には勉強に集中できる空間が必要です。

勉強に集中出来る部屋とは、やはり静かで、暑くも無く、寒くも無い、丁度良い温度の部屋です。
家族の話し声がよく聞こえたり、外から車の騒音が聞こえる環境では受験期の子供部屋には
不向きです。

その場合、防音対策をしておくことをお薦めします。具体的な例としては、
子供部屋の床や壁を防音タイプに交換したり、カーテンを厚手で音を遮断してくれる
タイプに変える。

これらは健康面からも化学薬品が使われていないものを選ぶのがコツで、薬品の臭いなどが
気になるようなものでは気が散って勉強どころではなくなる事も考えられますから十分注意しましょう。

また、子供部屋を他の兄弟と一緒に使っている際には、間仕切りなどで
2部屋に分ける方法が人気です。

棚や二段ベッドなどを利用して分ける方法がお薦めで、床から天井までの突っ張り式の収納棚や、
勉強する時だけ区切れる開閉自由な間仕切りもあります。

それから、勉強には頭寒足熱になるような温度が一番能率的とされています。
子供部屋にエアコンを付けたり、足腰が冷えないと人気の床暖房を取り入れる事もお薦めです。

落ち着いた環境で、お子様が受験勉強が進められるように、リノベーションを考えてみては
いかがでしょうか。

成人を向かえたお子様をお持ちのお父さんへお薦めのリノベーション


成人を向かえた、ご家族の娘さんから一番多い要望は部屋のデザインを可愛くしたい、
また、特に水回り関係の要望が多いです。

毎日入るお風呂のタイルのデザインを可愛くしたい。長湯をするのにお風呂にテレビを付けたいなど。

また、洗顔所のデザインや使い勝手、また、ユニットバスから、トイレ、お風呂を別にするだけでも、
凄く喜んでくれる傾向があります。

ぜひ、ご参考になさってみてください。

まずは、無料・匿名で、リノベーション工事のプロに相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す業者からの提案を受け、家族の会話が弾むお部屋の
提案をしてもらいませんか?

詳しくは、資料請求をして下さい。
資料をお読みになり、リノベーション工事についてじっくりと検討してみて下さい。
リノベーション費用見積比較ナビが、あなたの理想のお部屋やリノベーション工事の
サポートを全力でさせて頂きます。