トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションのデメリットについて

リノベーションのデメリットについて


リノベーションは自由に設計ができ、リフォームではなかなか修繕することが出来ない、
古くなった配管や電気回線などを新品に出来るというメリットがあります。

しかしここでは、リノベーションのデメリットについて少しお話していきたいと思います。

まず、リノベーションは焦ってやろうとすればするほどデメリットが大きくなります。

例えば、普通の中古マンションを購入する場合、物件を探して、
気に入ったら購入し、手元に渡るというステップになります。

しかし、リノベーションの場合は、建物の検査からはじまり、そして設計を考え、
施工をしていくという過程が加わる為、引き渡しまでに時間がかかります。

ですから、自分たちのプランを実現したい方は、焦って引っ越しすることは良くないのです。

お急ぎの方は、リノベーション済み物件を探される方が良いかもしれません。

次は費用についてです。

リノベーションは通常のリフォーム工事に比べて、金額が安くありません。

工事費用を全額現金にて用意出来る方は問題ないのですが、ローンを考えられている方は、
ローンのデメリットについても把握しておく必要があります。

通常住宅ローンは、物件価格と合わせて借り入れすることが出来ますが、
リノベーションにかかる工事費用は場合によって、住宅ローンとしては組めずに、
単独でローンとして借り入れしなければならない事があります。


すると、支払い期間が短く、何より金利が高くなってしまう為、
毎月の支払い金額が高くなってしまう可能性があります。

また、築年数の経ったマンションや一戸建てでは、建築基準法の耐震基準等をもとに、
工事を行うかどうかを決めなければなりません。


更に、今あるスケルトンの形状や条件に合ったプランにしていかなければならず、
ある程度の妥協も必要となってくる場合もあります。

また、マンションの場合は、管理規約にも注意をして、
防音対策も行いながら工事することが取り決められている所もあります。

以上のことがリノベーションのデメリットではないかと思います。

自分たちがリノベーションを行う際、どのようなメリットがあり、
同時にどんなデメリットが発生してくるのか、十分念頭におきながら、
素敵な空間を業者さんと一緒に作っていって下さい。

もし、リノベーションをお考えなのであれば、まずは一度ご相談下さい。

あなたの疑問や質問を全て解決して、あなたの理想としているお部屋が完成するまで、
全力でサポートさせて頂きます。