トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションの解体工事について

リノベーションの解体工事について


リノベーションではお部屋を一度スケルトン状態にするために、
解体工事が必要になってきます。

リノベーションで解体工事が必要な場合、部屋の間取り変更、
電気配線、水道管の修復などが主に挙げられます。

また、リフォームの場合でも、大規模な解体工事を行うときは、
リノベーションの部類に入ると言ってもいいでしょう。

しかし最近、セルフリノベーションという言葉を聞くようになりましたが、
リノベーションは必ずプロの業者に任せるようにしてください。

何故なら、リノベーションはDIYで出来るほど甘くはなく、
専門知識が必要になってきます。

まず、解体工事を始めるにあたって、マンションの管理規約に
抵触していないか細かく調べる必要があります。

マンションの構造には大きく分けて2つあり、柱や梁で支える
「ラーメン構造」と壁と床で支える「壁式構造」と呼ばれるものがあります。

この構造によって、変更して良い部分と、
構造上変更することが出来ない、共有部分に分かれます。

また、施工を始める前に水道屋と設備屋、ガス屋などに、
それぞれの設備を止めてもらう必要があります。

このような手続きも煩雑なのですが、解体工事を行うときは、
かなりの騒音が発生しますから、各階の住人に挨拶をする必要などもあります。

ここで、挨拶を怠ると騒音トラブルになってしまいますので、
気を配ることが必要になってきます。

その他にもやることは多々あり、
素人ではまず対応することが困難になります。

以上のことから、リノベーションを行う場合は、
必ずプロの業者に任せるようにしてください。

もし、あなたがリノベーションを考えているのであれば、
見積り比較ナビに一度、ご相談ください。

あなたの理想のお部屋が出来上がるまで、全力でサポートさせて頂きます。