トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションに適した中古物件の選び方

リノベーションに適した中古物件の選び方


このページではリノベーションを行うための、中古マンション物件の選び方ついて、
お話していきたいと思います。

中古マンション物件の選び方のポイントとしては、道路や方角・騒音・周辺建物などの
周辺環境、修繕履歴や修繕計画などを調べます。

そして、土地が所有権か借地権なのか、耐震構造に問題ないのかも調べていきます。

また、駐車場や駐輪場、バイク置き場の確認、インターネットやケーブルテレビの
設備が備わっているかも確認するようにしましょう。

その物件がきちんと管理されているかは、実際に行ってみないと分からないことが多いので、
気に入った中古マンション物件を見つけた時には、必ず足を運ぶようにして下さい。

また、管理の質を見分けるのに、簡単に判断する方法としては「外見判断」があります。

ごみ置き場の管理状況や廊下やエレベーター・建物周りの清掃状況・駐輪場・廊下の照明、
避難階段や非常階段などを見れば、管理の質がある程度判断出来ます。

そして、何より一番重要なことは、その中古物件がリノベーションしやすい物件かどうかということです。

鉄筋コンクリート(RC造り)の中古マンションには大きく分けて2つの構造体があり、
柱・梁で支える「ラーメン構造」と、もうひとつは壁と床で支える「壁式構造」があります。

ラーメン構造では室内の隅に梁や柱の凹凸がありますが、壁が構造体ではないので
間仕切り壁は自由に動かす事が出来ます。

しかし、「RC壁式構造」の場合は、梁や柱が出っ張らないスッキリとした空間にはなりますが、
室内壁に一部構造壁が使われている場合が多いので、間仕切り壁変更には制限が出てきます。

そして、その他にも中古マンションなどによっては、管理規約などが異なるということがありますので、
リノベーションを行う際にはトラブルとならないように気を付けなくてはなりません。

中古マンション物件の管理規約と使用細則などのチェックも怠らないようにして下さい。

例えば、マンションによってはフローリングの防音規定などがあるので、フローリングの改装が
可能かどうかなど、リノベーションの工事前の書類のチェックも確認をしておくことです。

つまり、物件の管理が良かったとしても、物件によっては、リノベーションしやすい物件と
そうでない物件があるということです。

リノベーションの中古物件を探す際には、物件の状態を見極めることの出来る、鑑識眼と発想力。

そして、専門的な知識を持ち合わせた、リノベーション専門家のサポートが必要になります。

もし、あなたが中古マンションの物件を購入し、リノベーションをしたいとお考えなのであれば、
専門業者に立ち会ってもらい、物件を選んでもらうことをお勧め致します。

リノベーション費用見積り比較ナビには、中古物件を探すところから、お手伝いをしてくれる業者が
複数加盟しておりますので、ぜひ、一度、ご相談頂ければと思います。

まずは、お電話か資料請求をして下さい。

あなたの理想のお部屋が出来るまで、全力でサポートさせて頂きます。