トップ » リノベーション関連ページ » 介護リフォームの補助金制度について

介護リフォームの補助金制度について


要介護・要支援の人が行うリフォームには補助金が支給される

要介護・要支援の人が決められた種類のリフォームを行ったとき
介護保険から住宅改修費用が支給されます。

●対象工事
  手すりの取り付け、床段差の解消、滑り防止
  移動しやすくするための通路面の材料変更
  引き戸への取り変え、洋式便器への取り変え

●補助限度額
  20万円(うち1割は自己負担)
  合計20万円になるまで複数回の工事が可能

●支給までの流れ
  ・ケアマネージャーに相談
       ↓
  ・リフォーム会社と打ち合わせ、見積もり依頼
       ↓
  ・市区町村に住宅改修費の事前申請
       ↓
  ・市区町村が申請内容を確認
       ↓
  ・工事完了
       ↓
  ・リフォーム会社に工事代金の支払い
       ↓
  ・役所に住宅改修費の事後申請
       ↓
  ・市区町村が審査し、住宅改修費を支給


介護を受けている人は、症状によって一人、一人の必要な改修が
異なります。介護のことを理解している専門会社に頼まないと
後で使いにくいなどトラブルの元になりますので注意してください。


詳しくは、資料請求をして下さい。

資料をお読みになり、バリアフリー工事についてじっくりと検討してみて下さい。

リノベーション費用見積り比較ナビが、あなたの理想のお部屋や工事の
サポートを全力でさせて頂きます。