トップ » リノベーション関連ページ » リノベーション価格相場

リノベーションの価格相場

リノベーション相場価格

リノベーションの計画を立て始めてすぐに、はっきりとした予算はなかなか決まらないと思います。

ですが、予算があいまいですと、リノベーション業者ははたしていくらの予算に対する
提案をするべきかが決まらず、最終的な打合せの段階であなたとリノベーション業者の
間での意見や提案のズレが出てきてしまう場合も少なくありません。

ですので、予算は、
「予算は、いくらです。この予算で、可能な限り希望を取り入れた最高のお住まいを
作って下さい」と伝えることが大切です。

リノベーションは、途中から予算を増やしたりしますと、お住まい全体のバランスが
おかしくなってしまう場合が少なくありません。良心的なリノベーション業者は、
あなたの提示した予算内で、お住まい全体のバランスを考えてベストな提案します。

明確な予算を伝えることは、後で後悔しないための重要なポイントになります。
ただ、リノベーションの場合は価格相場も分からないものです。

以下で、リノベーションの価格相場について説明します。これを知っているだけで、
価格が適正か高いかが分かるようになります。

住宅などの場合、よく「坪単価●●万円」などという言葉をお聞きになったことがあると思います。
この「坪単価●●万円」というのが住宅業界共通の価格相場となっています。

例えば、「坪単価40万円」で建坪が50坪なら総額で大体2,000万円程度だなと
大体の価格が予想出来ます。

しかし、リノベーションに関しては、設備のグレードや、使う材料や仕様などにより
全く価格が異なります。

また、リノベーション業者によって、それぞれ独自の基準に基づいて、
価格を決めていますので、なかなか価格相場というのは明言出来ません。

ただ、いくつかのパターンを掲載しました。
リノベーションの価格相場が分かるようにしましたので参考にしてください。

*設備のグレードは標準品→中級品→高級品の順となります。


・キッチン(1) キッチンの位置を変えないプラン
 (面積 約5㎡) 約110万円
 キッチンの位置を変えないプラン(面積約5㎡)
 古くなったシステムキッチンの交換とキッチンの内装一新で
 システムキッチンは中級品を使用

・キッチン(2) 壁付のキッチンから対面式のプラン
 (面積 約34㎡) 約250万円
 古くなったシステムキッチンを対面式に交換し、LDKの内装一新
 システムキッチンは中級品を使用

・浴室(1) 既存の浴室がユニットバスの場合
 (古いユニットバス交換 0.75坪) 約125万円
 古いユニットバスの交換と洗面室の内装一新。
 ユニットバスは中級品を使用

・浴室(2) 在来工法の浴室をユニットバスに変える場合
 (在来工法の浴室 0.75坪) 約136万円
 古くなった在来工法の浴室を解体し、下地工事をしてユニットバス設置
 洗面室も一新。ユニットバスは標準品を使用

・トイレ 最新の便器に取り替えて内装も一新
 約53万円
 古くなったトイレを新しい便器に取り替えて内装を一新
 様式便器は中級品 手洗い器

・洗面室 先面化粧台を変え、洗面室の内装一新
 (面積 約2.4㎡) 約48万円
 洗面化粧台の交換と洗面室の内装一新
 洗面化粧台は標準品(幅75cm)

・水まわりバリアフリー化 浴室・洗面室・トイレをバリアフリー化
 (面積 約14㎡) 約289万円
 バス・洗面室・トイレ機器を全て入れ替えて内装一新。
 段差解消と手すり設置。各機器とも標準品を使用

・収納 天井高いっぱいの壁面収納
 約50万円
 壁面収納ユニットの取り付け(幅3640mm×高さ2400mm)

・間取り変更 6畳の和室なくし、LDKを16畳に広げる
 (面積26㎡) 約90万円
 リビング続きの和室を洋室に、リビングの内装も一新

・全面リノベーション (夫婦二人暮らしのプラン)
 (面積71.5㎡) 約690万円
 3LDKを1DK+畳コーナーの間取りに変更
 キッチン・バス・便器・洗面台・収納等は入れ替え

・スケルトンリノベーション 60㎡で700万円~800万円が目安

各パターンをご覧頂き、見積り価格の判断の目安として下さい。

(注)もちろん、あなたのご要望内容や使う材料や設備のグレードで価格は
変わります。あくまでも価格相場の目安としてお考えください。絶対値ではありません。

あなたは、リノベーションをするための予算が決まっていますか?

リノベーション費用見積り比較ナビをご利用いただくことにより、無料・匿名にてご相談を
することが出来ます。また、あなたの予算に合った、最適な提案や見積などを受取ることが出来ます。

匿名でのやり取りから始まりますので、嫌な売込などを受ける心配も一切ございません。

まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族でじっくりとお住まいについて、ご予算について考えてみて下さい。