トップ » リノベーション関連ページ » マンションリノベーションと管理規約

マンションリノベーションと管理規約


中古マンションを購入しリノベーションする場合、チェックしなければならないポイントとして
その物件がリノベーションしやすい物件なのかどうかという点です。

購入前の段階で、デザイナーや建築士の担当者と内見をし、希望のデザインや機能、
設備に変更する場合にどの位の期間がかかるのか、確認しておくことが大事です。

また、間取りの変更をしずらい物件であるかどうかなどをしっかりと確認しておくことも大事です。

鉄筋コンクリートのマンションには、大きく分けて、柱や梁で支える「ラーメン構造」と
壁と床で支える「壁式構造」と呼ばれる2つがあります。

「ラーメン構造」は壁を取り外して部屋を合体させ、広いリビングにする、
専用ルームにするなどのプランが立てやすい構造となっています。


しかし、「壁式構造」の場合には、壁自体が建物にとって重要な要素になっていますので、
デザインにおいて壁を取り払うことが出来ません。

つまり、「壁式構造」の場合には間取りを大胆に変更したりすることは難しいと
認識しておいて下さい。


構造もさることながら、マンションには通常、管理規約、そして使用上の規則といった
素人では全てを理解するのが難しい規定があります。

フローリングにしても騒音の問題はないのか工事前に提出すべき書類や、
工事業者はどこに依頼しても問題ないのかなど、かなり厳しい内容のものもありますので、
十分に注意して物件を購入することが大事です。

一番いいのは、リノベーションを専門としている業者に相談をして、プロの意見を聞くことです。

見積り比較ナビにはリノベーションを専門としている業者が日本全国で105社加盟しております。

もしあなたが、リノベーションをお考えなのであれば、まずは一度、ご相談下さい。

あなたの理想としているお部屋が完成するまで、全力でサポートさせて頂きます。