トップ » リノベーション関連ページ » リノベーション中の仮住まいについて

リノベーション中の仮住まいについて


リノベーションはリフォーム工事よりも工事期間が長くなります。

長いもので3ヶ月~4ヶ月、短いものでも最低1ヶ月以上はかかります。

ですので、リノベーションを行う際には、仮住まいが必要となってきます。

中には、仮住まいのお金を節約するために、
工事の騒音を我慢しながらも部屋に住もうとする方もいます。

その場合、一部のお部屋をリノベーションするのであれば、可能ですが、
リノベーションの場合、お部屋全体の改装になることがほとんどです。

そして、リノベーションは部屋の中を一度スケルトン状態にするため、
工事中の部屋に住むことはなかなか難しいものです。

やはり、リノベーションを行うのであれば、仮住まいは必須になってきますが、
仮住まいの方法は、色々と選択肢があるかと思います。

例えば、マンスリーマンションなどを借りる方法。

一時的なものと考え、マンスリーマンションなどを借りる方が多いですが、
マンスリーマンションはワンルームタイプが多いため、その分不便もあり、
コストも多少かかってしまいます。

しかし、マンスリーマンションのメリットとしては、ほとんどのところが、
短期契約をしてくれますので、一時的に住むにはとても適しています。

また、その他の選択肢として、コンテナなどの簡易住宅を借りる方法があります。

しかし、コンテナなどの簡易住宅は夏場はとても暑く、冬場はとても寒さに厳しいので、
低コストのコンテナなどを借りようと検討しているのであれば、工事の季節を考える必要があります。

出来れば短期の物件やテンポラリーで便利なものがあればいいのですが、
やはりどうしても賃貸として借りるのはなかなか難しいかと思います。

このように色々と選択肢はあるものの、引越しなどの面倒を考えますと、
どうしても住みながらの工事がいいと考える方がいます。

しかし、先程もご説明しましたが、リノベーションはお部屋をスケルトン状態にするため、
住みながらの工事は難しいものです。

恐らく、ほとんどの業者が工事中は、引っ越しをお願いしてくるかと思います。

ですので、仮住まいの費用はリノベーションの予算の中に、
入れておくことが大事になってきます。


しかし業者によっては、仮住まいを手配してくれるオプションなどのサービスがありますので、
引っ越し費用など必要最小限で済ますことも可能かと思います。

まずは工事業者などに、仮住まいのオプションがあるかどうかを確認しておくことで、
無駄な費用と時間を避けることができると思います。


また、工事業者と提携している、トランクルームサービスが多々ありますので、
荷物をまとめてしまっておく、などの際にはとても便利かと思います。

もし、あなたがリノベーションをお考えなのであれば、ぜひ一度ご相談下さい。

見積り比較ナビが、あなたの理想のお部屋が完成するまで、
全力でサポートさせて頂きます。