トップ » リノベーション関連ページ » 中古マンションを購入するときの注意点

中古マンションを購入する際の注意点


中古マンションを購入し、リノベーションをする場合、
特に注意しなければならないのは、マンションの規約です。

管理規約というものが一般的ですが、マンションに住むために、
やってはいけないことなどが詳細に記されているものです。

マンションは基本、専用部分と共用部分があります。

専用部分とは自分自身で好きなように使えるスペースのことを言い、
共用部分はマンション全体が共有しているため、勝手に変更などを
してはいけない箇所のことを言います。

また、専用部分であっても、ユニットバスをトイレと別にしてはならないとか、
建付けカーペットからフローリングに変更してはならないなど、ある程度、
厳しい内容もありますので、物件を購入する前に必ずチェックするようにして下さい。

物件購入後に規定に反する部分をリノベーションしてしまった場合は、
退去を言い渡されてしまう場合もありますので注意が必要です。

また、リノベーションが可能なスペースであっても、目的とするリノベーションがしやすい、
あるいはとてもしずらいようなスペースというものもあります。

例えば、段差などは床を平らにするための工事などは、
必要になる場合がありますので要注意です。

一般的に、リノベーション出来るサイズという目安が大事ですので、
あまり大きな洋風のものが建てつけてあったりする場合も注意が必要と思います。

出来れば業者と共に現地調査を一度してもらうことがお勧めです。

また、間取りの変更や目的のスペースをリノベーション出来ることが分かったら、
その中古マンションを実際に購入しても問題ないと思います。

後は、近隣の騒音ですとか、近所に住んでいる方についての情報などを
チェックしていくようにしましょう。

最初はマンションそのものにばかり気を取られがちですので、
立地、交通の便などについても再確認しておくのがいいかと思います。

もし、中古マンションを購入して、リノベーションをお考えなのであれば、
一度、見積比較ナビにご相談下さい。

弊社に加盟して頂いている業者は地元では優良と評判の良い業者ばかりです。

また、親身になって、中古物件探しから相談にのってくれます。

まずは、資料請求をして下さい。

あなたの理想のお部屋が完成するまで、全力でサポートさせて頂きます。