トップ » リノベーション関連ページ » マンション構造に合わせたリノベーション

マンション構造に合わせたリノベーション


中古マンションを購入して全面的に改装、リノベーションするという場合、
どのような点に注意すればいいのでしょうか?

まず、マンションには必ず管理規約というものがあります。

例えば、
「ユニットバスでなければならない」
「共有部分に手をつけてはならない」
「水道管の位置を変更してはならない」

など、細かい規約が各マンションごとにありますので、
リノベーションの工事を行う場合、必ず守らなければいけません。

また、依頼する工事業者についても、各マンションによって、
特定の業者に絞られているケースがありますので、
マンション購入前に必ず確認するようにしてください。

また、マンションは構造についても色々と種類があります。

RC構造(鉄筋コンクリート)、というのがほとんどですが、
その中にもラーメン構造や、壁式構造、というタイプがあります。

ラーメン構造は柱、梁、という基本的なもので建物を支えています。

リノベーションをする際、柱が露出していて、
希望通りにリノベーション出来ないとお気づきの方も多いでしょう。

ですが、ラーメン構造は間仕切りについてはほぼ撤去などして、
好きなようにリノベーション出来るというメリットがあります。


それとは逆に、壁式構造の場合は、壁がなければ建物の構造を
保つことが出来ない作りですので、リノベーション工事については
制限事項が多い、ということが言えます。


ラーメン構造においても柱や梁が出ていないすっきりした物件もありますので、
マンションの管理組合などに確認するとよいでしょう。

管理規約については、素人ではなかなか詳細までを理解することは、
難しいと言われています。

例えば、リノベーションをする際に、スケルトンにほぼ取り払ってしまった後で、
スケルトン状態にしてはいけなかったなどと、なら無いようにするためにも、
業者とともにしっかりと確認をして、、現物調査などをするようにしてください。

築年数を考え、残りどの位住めるものなのか、という評価についても、
出来る限りチェックしておくことで、物件を手放すときに有利になります。


また、工事をする範囲を決定するのにも役立ちますので、物件のチェックは念入りに、
そして、出来るだけ早めにチェックしておいた方がいいと思います。

業者によっては、物件選びから立ち会ってくれるところも多くあります。

物件選びから立ち会ってくれるような、優良業者を見つけられればいいですが、
外れの業者に当たってしまうと後々、大変なことになります。

ですので、業者選びは慎重に選択するようにし、少なくとも最低3社以上の業者から、
見積もりや提案を受けることをお薦め致します。

見積り比較ナビでは地元では評判が高く、優秀なリノベーション会社のみ加盟しております。

当サイトをご利用頂ければ、優秀なリノベーション会社からの提案、
見積もりを完全無料で取得することが出来ます。

もし、あなたがリノベーションを検討しているのであれば、
見積り比較ナビに一度ご相談ください。

あなたの理想としているお部屋が完成するまで、全力でサポートさせて頂きます。