トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションで入居率をアップさせる

リノベーションで入居率をアップさせる


老朽化した賃貸マンションは、なかなか入居者が決まらず空室の目立つ物件が多いです。

あなたの所有している物件も、入居者が決まらずお悩みではないでしょうか?

家賃の値下げをしても激化する賃貸市場では取り残される一方だと言います。

その場合は、リノベーションがとてもお薦めです。

リノベーションをすることにより、入居率の改善が出来ます。

しかし、入居率の二ーズは時期によって変化しますので、
必ず、専門業者に相談をしてから、実践することをお薦め致します。

最近の傾向としては、新築の住宅でも和室よりもフローリングの洋室が人気で、
広いリビングスペースやオープンキッチンのカウンター、アイランドキッチンを
希望する方が増えてきています。

入居者のニーズやプランでエコを考えて、快適性のある新築同然の賃貸物件に
変更することで、入居率もアップ出来るというわけです。

「入居率が低下した老朽化マンションなどは、リノベーションをして入居率をアップさせる。」
「あるいは、思い切ってリノベーションマンションに建て替えてしまう。」
「また、リノベーションをして、物件を高く売ってしまう。


これらの選択肢をすることによって、入居率の問題解決、
また、別の選択肢も出来るようになります。

そして、家賃収入が期待出来る物件に早代わり出来る可能性があり、
物件を売買する際にも有利になる可能性があるのです。

また、リノベーションをすることでは設備や耐震も新築同様で、
支出も少なく済みますので、家賃収入が期待出来る物件になってくるわけです。

言い換えれば大切な財産物件を次の世代へと繋ぐということが出来るということで
物件の入居率や管理、資産価値の向上を目指すことが出来るようになります。

物件の立地や地域性、間取りなどを専門家が最適なプランとして再生するために、
リノベーションを専門とする業者に提案・サポートしてもらいましょう。

弊社に加盟して頂いている、業者はとても優秀で、
地元では優良業者として評判の良い業者ばかりです。

まずは、資料請求をしてください。

あなたのお持ちの物件が、満室になるように全力でサポートさせて頂きます。