トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションリフォーム

リノベーションリフォーム


住宅そのものを自宅兼オフィス(SOHO)にしたり、事務所兼用にしたりと、
基本性能を向上させ、価値を高めるリノベーション。

そして現状を維持したり、時代に合わせる視点から改築をするリフォームと
住宅の変化の仕方も多様化しています。

そして、「リノベーションリフォーム」とは価値を高める目的で部分的に
リフォームすることを言います。


例えば既存のハウスの一角をSOHOにする、表向いた1つの部屋を事務所にする
といった例が挙げられます。

手すりの設置、暖房設備の増強などのバリアフリーの改築はリフォームとして
取り上げられますが、中には将来に備え、より基本性能までを高めるような
要素も付随したリノベーションを検討している方もいることでしょう。

太陽光発電などを取り入れる場合、リフォームとして考えられがちですが、
かなり高額な投資が必要で、将来は初期費用を回収するという目的があり、
また、基本的には電力会社との系統連携をしながらクリーンエネルギー化に貢献します。

このようなリフォームは大きな視野で見れば、リノベーションの一角と捉えることが出来ます。

リフォームを重ねることによって物件価値が高くなり、結果的にリノベーションに近い、
リフォームをしているということになることもあると思います。

このように目的がリフォームであるか、リノベーションであるかに関わらず、
その方の現状に応じて、どちらを選ぶか決めればいいかと思います。

リフォーム程度の工事で済む方もいれば、リノベーションまで考えた
大規模工事を行わないと、お部屋の耐久性を維持出来ない方もいることでしょう。

また、簡単なリフォームであれば家に住みながら工事が可能ですが、
リノベーションのような大規模工事になったり長期化した場合には、
防犯の面で心配事が増えてきます。

空き巣などの犯罪の防止にも気をつけなければなりませんし、
近所への迷惑についても考慮しないと後々まで処理が長引くことがありますので、
うまく切り抜けるための最善の策を講じることが重要でしょう。

もし、あなたがリフォームにするべきか、それともリノベーションにするべきか、
悩んでいるのであれば、見積り比較ナビにご相談下さい。

現状のあなたのお部屋の状態を確認させていただき、適切なアドバイスをさせて頂きます。