トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションローンの利用について

リノベーションローンの利用について


リノベーション費用の支払い方法の一つに、リフォームローンというものがあります。

これは自己資金だけでは支払いが難しい場合などに利用できるローンで、
住宅金融公庫や財形、民間の銀行、クレジット会社で扱われています。

公的融資、民間融資共に、利率や融資条件が違いますから、
自分の希望とするローンを見つけるようにしましょう。

公的融資でのローンは融資資格の条件が厳しくて審査も難しいとされ、
面積や工事内容などが細かく規定されているのです。

反面、利率は低く設定されていることが多く、割増融資や特別融資が
受けられるケースもありますから、リノベーションをお得に行いたい方に
向いているでしょう。

銀行やクレジット会社でのローンは、比較的利率が高くなりますが、
融資資格の規定条件が緩いのが利点です。

ローンの金額は、月の返済額に無理のないように
月収の15%以内に抑えるようにします。

早く返したいからと家計の負担になる金額にはせず、
ライフプランの変化に対応できるかどうかも、ローンのシミュレーションをして算出します。

返済期間は金額にもよりますが、10年内でローンが完済できることを目指し、
家計と相談しながら決めます。

ローンには色々なタイプがあり、無担保融資もあれば、
有担保融資もありますし、保証人不要で優遇措置の受けられるもの、
団体信用生命保険に加入できるものもあります。

リフォームローンの担当者に詳しい説明を受け、
無理のない範囲で利用できるものを選びましょう。

●銀行ローン
 <無担保ローン=リフォームローン>
  ・抵当権設定が不要
  ・審査が早い
  ・借入限度額が少ない(限度額300万円~500万円が多い)
  ・返済期間が短い(最長10年~15年)
  ・金利が高い
  ・諸費用が少ない(登記や保険料など)

 <有担保ローン=住宅ローン>
  ・抵当権設定が必要
  ・審査期間が長い
  ・借り入れ限度額が多い(限度額1億円)
  ・返済期間が長い(最長35年)
  ・金利が高い
  ・諸費用が多い


●公的ローン
 <住宅金融支援機構=リフォーム融資>
  耐震改修・バリアフリー工事(高齢者向け返済特例制度を利用)と
  一般の耐震改修または耐震補強工事などを対象に融資

 <財形住宅融資=住宅改良融資>
 借入限度額は財形貯蓄残高の10倍以内、4000万円まで
 無担保の場合は、50万円以上300万円以下
 (工事請負金額が500万円以下)

借入は毎月の返済が負担にならない範囲が原則です。
月々いくらまでなら無理なく返せるかをよく考えて決めましょう。

詳しくは、資料請求をして下さい。

資料をお読みになり、リノベーション工事についてじっくりと検討してみて下さい。

リノベーション費用見積り比較ナビが、あなたの理想のお部屋や
リノベーション工事のサポートを全力でさせて頂きます。