トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションの制約について

リノベーションの制約について


新築よりもかなり安価である中古物件を購入し、優れた価値を持つ住宅に
生まれ変わらせることが出来るのが、リノベーションの魅力の一つです。

しかしながら、リノベーションにも制約というものがあります。

ご自宅が戸建ての土地付きということであれば、ほぼ自由な発想に従っての工事が
可能になりますが、戸建ての場合でも、耐震構造についての制約や周辺の環境によって、
様々な制約がありますので、業者に確認することは必須です。

そして、リノベーションをする上で、制約が一番多いのはマンションです。

これらを事前調査もせずに工事してしまった場合、後々退去などの処分を
言い渡されることもあります。

マンションをリノベーションする場合には、必ず管理規約に従う必要があります。

そして、この規約から工事に関わる部分を引き出すという作業は
リノベーションを専門としている業者でしか、なかなか出来ません。

つまりは、専門のデザイナーや建築士に、今お住まいのマンションの制約に関して、
あらかじめ相談することが必須です。

リノベーションを考え、不動産屋を周っているうちに制約の話を多々聞かされ、
最後には諦めてしまった、疲れてしまった、などの話もよく聞きます。

ですので、専門知識までは学ぶことはありませんが、一般的な知識くらいは
調べておくことが大切です。

具体的な例で挙げますと、床を工事する際、タイルやフローリングはNGで、
カーペットでなければならないなどの制約があるマンションもあります。

構造上しっかりしたものですから、あり得ないと思いがちですが、
遮音等級の指定などがあり、このようなケースも多々あります。

リビングはフローリングにしたいというお声が多いですから、
このような物件もあるということを知っおいて下さい。

間取りについても、給配水管の構造などの関係から、
水周りの位置を変更出来ないということもあります。

後々になって、トイレの場所を移動することが出来ないなどのことが
無いように注意すべきでしょう。

この点について十分注意して中古マンションを購入しないと、
後々、後悔することになりますので、物件選びは慎重に行うようにして下さい。

リノベーション費用見積り比較ナビではマンション購入からお手伝いしてくれる、
業者さんも加盟しておりますので、ぜひ、一度ご相談下さい。
あなたの理想のお住まいを作るために、全力でサポートさせて頂きます。