トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションと電気設備

リノベーションと電気設備


日本的な間取りをリノベーションすることによって、リビングを中心とした、
洋風な建物に変身させるというようなプランにした場合、設計上の課題として
電気設備の電圧が不足してしまうことが良くあります。

今までは30Aで足りていたのに、50Aにしないと生活することが出来ない場合、
電気設備を見直す必要があるでしょう。

最近では省エネを考慮し、リノベーションに際して太陽光発電を
取り入れるという方も増えています。

しかし、太陽光発電は売電ということにより電気代を節約出来ますが、
初期費用についてはかなりかかってしまのが難点です。

しかし、ここ最近の動きとしては、クリーンエネルギー化に貢献すべきという考え方が
広く普及し始めているようです。

国も2030年までに、1000万世帯に太陽光発電を設置することを目標に、
補助金なども出して、設置の動きが活発化しています。

また、バリアフリー設計においても電気設備との連携が不可欠です。

センサーを稼動させることによって、夜中に起きてもすぐに照明が利用出来るようにしたり、
トイレの水を自動で流すといった配慮が多く導入されています。

その他にも密閉されたマンションなどでは換気はとても重要ですし、
換気扇を一年中稼動させるようなシステムによってカビの発生を
抑えるというアイディアも盛んに取り入れられています。

また、オール電化にリフォームするという考え方には光熱費を安く出来る、
エコに貢献出来る、空気を汚すことがないという豊富なメリットがあります。

オール電化住宅にした場合に、火災保険に特約がつくという例も広く見られます。

すべての熱エネルギーの元を電気にするのですが、給湯器をエコキュートにしたり、
キッチンをIHヒーターにしたり、エアコンや床暖房などを取り入れたりすることになりますが、
特に他の工事と平行しての進行が可能ですし、工事の費用についても特に大きくなって
しまうということはありません。

あなたもクリーンでエコを目指したリノベーションをお考えなのであれば、
見積り比較ナビに一度、ご相談下さい。

あなたの理想のお部屋が完成するまで、全力でサポートさせていただきます。