トップ » リノベーション関連ページ » リノベーション資金計画のポイント

リノベーション資金計画のポイント


リノベーションに向けて行動する際には、まずどのくらいの資金が
充てられるのか把握しておきましょう。

資金が不足している場合は銀行などからお金を借りてでもやる
必要があるのかよく考えましょう。

お金をかけて、すべて自分たちの望むとおりの住まいになっても、
借金返済のために、これまで以上に働くことになったのでは、
何のためにリノベーションしたのか分からなくなってしまいます。

逆に工事が終わった後で思ったより資金が残っていて、

「もっと、こうしておけば良かった」
「もう一段グレードの高いキッチンを選べば良かった」

ということが出てきてもいけません。

生活に無理が生じないように資金計画を立てましょう。

まず、現在使えるお金がいくらあるのか?
・今の貯蓄額はどのくらいか

今後の出費予定を残さず挙げてみることが大切です
・老後にはどのくらいのお金が必要か
・今後の出費予定を把握  教育費・車購入・旅行・・・

貯蓄から、必要なお金を差し引いた額が実際に使えるお金です。

手持ちのお金の範囲で自分の希望する工事が実現しない場合は
今すぐやる必要があるのかどうか、もう一度検討しましょう。

お金が足りない場合は貯めるかローンを検討
また、先に延ばしてもよいのなら、計画的に積み立てを行い
お金を貯める努力をしましょう。

どうしても今すぐやる必要はある。あるいはどうしてもやりたい場合は
ローンを使える可能性もあるので、利用を検討してみましょう。
ローンについてはこちら

詳しくは、資料請求をして下さい。

資料をお読みになり、リノベーション工事についてじっくりと検討してみて下さい。

リノベーション費用見積り比較ナビが、あなたの理想のお部屋や
リノベーション工事のサポートを全力でさせて頂きます。