トップ » リノベーション関連ページ » マンションリノベーションと修繕計画

マンションリノベーションと修繕計画


中古マンションをリノベーションするという場合、購入前にチェックしておきたいこととして、
購入を考えている物件の修繕計画です。

これはどのマンションでも計画をすることが義務付けられています。

中古ということもあり、どれくらい長く住むことができるのかを確認するためにも重要ですが、
修繕計画があまり効率よくされていない場合には、突然マンションの具合が悪くなり、
退去せざるを得なくなる場合もありますので、かなり重要と思われます。


古くなればなるほどに劣化が進むのは自然なことですが、これに抵抗するために、
きっちりとしたメンテナンス作業をされているのかどうかはとても重要です。

修繕の履歴、そして将来の計画を確認することで、マンションの価値を見極めることは、
そのマンションのリノベーションの資産価値を知る上で有効なデータとなります。


国土交通省の改修によるマンションの再生手法に関するマニュアルというものがあり、
こちらを見ることによって、中古マンションの築年数により義務付けられたチェック項目が
分かりますので、出来れば専門家に相談するのがベストな方法です。

また、購入したばかりの時にはメンテナンスが終わったばかりだった、
そして、占有部分はリノベーションされ、きれいになっていたとしても、
それに比べて、共用部分が余りにもだらしなくなってくるという例もあります。

そのようなバランスの悪さはリノベーションの資産価値をかなり下げてしまっても
おかしくはないので、しっかりと考えて調査することが必要です。

このように考えますと、マンションは戸建ての持ち家よりも様々なバランスを
大事にしなければならないことが分かってきます。

中古マンションは安く購入でき、リノベーションの技術で素晴らしい物件に
生まれ変わりますので、一概に決めてしまうのもいいですが、やはり詳細を
知っておくためにも、専門家に相談しながら進めていくべきです。

もし、あなたがリノベーションをお考えなのであれば、まずは、一度ご相談下さい。

あなたの理想としているお部屋が完成するまで、全力でサポートさせて頂きます。