トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションとS・I住宅

リノベーションとS・I住宅


S・I住宅とは、リノベーションの中でもメンテナンスしやすく、S(スケルトン)と
I(中身の住戸部分)を自由に変えることが出来ることをいい、可能な限り、
SとIを分離して、メンテナンスしやすくする方法です。

S・I住宅は構造躯体が100年の耐久性を持っていても、設備や内装材は大抵、
20年~30年で老朽化してしまいます。

今までは、共有の縦管(排水縦管など)が居住区に入り込んで、専用部分と
共有部とが物理的に絡みあっていた空間的部分を、変更することが出来ませんでした。

しかし、リノベーションが出てきたことにより、自由に間取りをカスタマイズ
(ユーザの好みに合わせて作り変えること)することによって、
バラエティに富んだ、リノベーションが可能になるようになったのです。

これからは、個人のライフプランに合わせたリノベーションが可能になり、S・I住宅は
単にメンテナンスだけでなく、世代を超えて永住仕様にリノベーション出来るという事なのです。

新築のS・I住宅であれば将来もリノベーション可能な設計であるので、
多少老朽化したとしても、資産価値は比較的高くなるということが考えられます。

言い換えるとすれば、「より永住に値するS・I住宅」のことで、
ユーザーの嗜好として第一の優先ポイントとなっているようです。

そして、ここ最近では不動産広告上でも「永住仕様S・I住宅リノベーション」といった
表現をよく見かけるようになりました。

「スケルトン」とは、建物の構造や梁などの骨格部分のことを指し、
「インフィル」では内装や専用設備部分のことを指します。

そして骨格部分と内装・間取りとを切り離した建物基本構造をS・I住宅だと言えるのです。

ユーザーは、基本構造として耐久性の高い骨格をもった基本構造によって、
安心感を得ることが出来ます。

間仕切りの移動などにより、フレキシブル(柔軟性をもって)なリノベーションなどにも
対応出来るので、より居住ニーズを満たすことが出来るのです。

従来の固定されていたリノベーションからは開放されて、キッチンやトイレ、
浴槽などの水周り位置などに可変性を持たせてあります。

それは、水周りの配管を屋外にまとめたり、二重床の下に配置することで
配管しやすく出来るのです。

そうすることで、住みたいプランも選べて、ライフスタイルや家族の成長などに合わせた
水周りの位置や間取りなどのリノベーションも可能になるということです。

「使い捨て住宅」から永く住むことのできる「ストック型住宅」へと移行していくことで、
今後は日本の住宅の質も向上していくことでしょう。

もし、あなたも「S・I住宅」をお考えなら、見積り比較ナビへ、一度ご相談下さい。

あなたの理想のお住まいを作るために、全力でサポートさせて頂きます。