トップ » リノベーション関連ページ » たまプラーザ団地 リノベーション

たまプラーザ団地リノベーションについて


神奈川県横浜市青葉区には、「たまプラーザ団地」があります。

規模としてはかなり大きく、7街区、総戸数1254戸もあり、
東京ドーム15個分の広さだとも言われています。

その団地を全棟リノベーションしたとして、大変注目を浴びています。

たまプラーザは渋谷から東急田園都市線の急行で20分に位置しています。

羽田空港やディズニーランド行きのバスが発着するエリアとしても人気が高く、
神奈川圏内では大変人気のエリアとなっています。

ある雑誌の住みたい街ランキングでは、常に上位にくるという、
人気のある場所なのですが、今、このエリアはリノベーションの
モデルケースとしても注目をされています。

たまプラーザ団地は1968年に住都公団による、全47棟、
1200戸以上の規模を持つ団地で、現在はその分譲が行われています。

周辺は再開発が進み、町並みがキレイになっていることから、
たまプラーザに住みたいという人が後を絶ちません。

しかし、分譲された住居はかなりの年月が経っているので、
懸念する物件ではあります。

しかしながら、生活環境はとても魅力的なエリアですから、
この分譲団地には人気が集まっています。

その秘密はやはりリノベーションにあります。

リノベーションを施せば古くなってしまった住居であっても、
魅力的に見え、住みたくなってしまう住環境になります。

たまプラーザは大変に便利で、人気の高い街となっているので、
リノベーション済みの物件ならば、多少古くても住居にしても、
良いという方が増えています。

たまプラーザ団地を見学すれば、リノベーションの最先端技術を色々と見ることができ、
ここまで技術が進んでいるということを確認することも出来るでしょう。

たまプラーザ団地は雑誌やテレビなどでよく紹介されていますが、
リノベーション済みのマンションや団地というものを見ていくモデルとして、
かなり役に立っていくことかと思います。

もし、あなたが中古マンションなどを購入して、リノベーションを検討しているのであれば、
見積り比較ナビに一度ご相談ください。

あなたの理想のお部屋が完成するまで、全力でサポートさせていただきます。