トップ » リノベーション関連ページ » 適合リノベーション

適合リノベーションについて


適合リノベーションとは、「リノベーション住宅推進協議会」という機関によって、
統一規格が作られ、その規格に則った住宅のことを指します。

具体的にはR1~R5という区分で分けられ、認定しています。

適合した住宅のことを適合リノベーション住宅と呼び、その信頼性が保証されます。

中古マンションから戸建て住宅まで適合させることが可能です。

信頼性のある住宅を手に入れたいという方は適合させることをお薦め致します。

R1はマンション、R3は一棟もの、その他コンバージョン(用途変更)、
戸建てまで区分があります。

R1の場合は品質や検査結果、や判断の基準など、そして工事箇所の明確化、
保証書発行などがあります。

もちろん設計図面は適合をしなくとも重要ですが一般的なものが揃っています。

業者によるメンテナンスも最低2年以内の定めがあり、顧客相談窓口の有無も関係しています。

住宅基礎の信頼性を確認したり、どれくらい住むことが出来るのかなど、様々なことを
判断するためにも、これからますます進んでいくと思われます。

当初はその安全性の重要度から、マンション専有部に限定されていました。

認定取得にかかる費用は施工主が負担しますが、費用として30万円程かかりますので、
それほど安くはないでしょう。

しかしながらこの保証はかなり有益でしょうから、施工主もノーとは言えず、
義務付けることが多いようです。

もし、あなたが適合住宅をご検討しているのであれば、ぜひ一度ご相談下さい。

あなたの理想のお部屋や工事のサポートを全力でさせて頂きます。