トップ » リノベーション関連ページ » リノベーションと新築の違い

リノベーションと新築の違い


新築物件を購入した方が良いのか、それとも中古物件を購入して、
リノベーションをしたい方が良いのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

結論を言いますと、気に入った物件を購入するのが一番です。

ですが、これを言ってしまったら、話は終わってしまいますね。

まず、中古物件を購入して、リノベーションをされる方が
何故、こんなに増えているのかをお話したいと思います。

実際にリノベーションをされた方に話を聞いてみると、
理由としては以下3点になることが分かってきました。

まず、
「自分の好きなお部屋に作り替えることが出来るという点」。

そして、
「住みたい地域に自分好みの新築物件がなかなか見つからない」
「新築を購入するよりも、費用面で安く済む」
など。


場所によってもちろん値段は変わってきますが、都内で新築のマンションを
購入するとなると、3000万~7000万円位の資金が必要になってっきます。

しかし、中古物件を購入して、リノベーションをすれば、新築購入時の
3分の1程度で費用を抑えることが可能になります。

そして、新築が見つからず、諦めていた自分の住みたい町には、
以外と条件の合った、中古物件がたくさん見つかります。

リノベーションをすれば、世界でひとつだけの自分のお部屋を作ることができ、
住みたかった町にも移住ができ、更に、費用面までも抑えることが出来る。

このような理由から、若い人たちを中心に、ここ最近ではリノベーションが
とても盛んになっています。

しかし、新築にも新築の良さはたくさんあります。

耐久性、耐震構造、給排設備菅、全てにおいて新品です。

中には新築物件でなくては、絶対に嫌だという方もいます。

リノベーションは給排設備菅やその他の消耗品において、新品にすることが出来ますが、
建物の自体の耐震構造や耐久性までは修繕することは出来ません。

ですから、リノベーショの良いところ、新築の良いところをそれぞれ見極めた上で、
最終的な決断をしてみてはいかがと思います。

このページをご覧いただき、リノベーションと新築の違い、
そして、それぞれのメリット、デメリットが分かって頂ければと思います。

新築物件を考えていた方も、このページをご覧になり、リノベーションも選択肢のひとつとして、
考えてみてもいいかなと思われたなら、一度、ご相談下さい。

見積り比較ナビが、あなたの理想のお部屋が出来るまで、全力でサポートさせて頂きます。