トップ » リノベーション関連ページ » 中古マンションリノベーション

中古マンションリノベーション


マンションリノベーションはマンションリフォームとよく混同されますが、
その概念は全く違うものになります。

リフォームとは古くなった箇所を修繕するという意味を持ち、
リノベーションは新しい価値を生み出すという意味があります。

マンションリフォームは入居者が退去したときなどに実施されることが多く、
主にフローリングの張り替えやクロスの張り替えが行われます。

つまり、次の入居者に引き渡すための原状回復が主な目的です。

もちろん、マンションを持ち家の方も長く住んでいれば、
部屋の至るところが傷んできますので、壁紙の張り替えや、
お風呂のリフォーム、キッチンのリフォームなどを行われることでしょう。

しかし、リノベーションはリフォームとは全く違うものになります。

マンションのリフォームはお部屋の修復をする意味になりますが、
マンションのリノベーションはお部屋を修復することではなく、
違った次元で価値を与えることを目指していきます。

違った次元というと分かりにくい表現になってしまいますが、
一言でいってしまえば、マンションを新しく生まれ変わらせることです。

マンションはいくらリフォームしたところで、
築年数によってその価値はどんどん下がっていきます。

それは年月が経過すれば避けられないことなのですが、
リノベーションによって、マンションの価値はを高めることが出来れば、
その点はカバーすることが出来ます。

リノベーションは現状回復ではなく、以前の新築の状態よりも、
価値が上回ることを目指して施工をしていきます。

マンションを建て替えなくても、建物の価値を高めることが出来るのが、
マンションリノベーションの魅力です。

では、どのようにして建物の価値を高めていくのでしょうか?

リノベーションの工事は、まずお部屋を全て裸の状態(スケルトン状態)にして、
古い電気配線、排水管など全て新品に取り替えます。

スケルトン

また、スケルトン状態にすることによって、お部屋の間取りを
自由自在に変更することが出来ます。

例えば、子供が独り立ちしたから、子供部屋を取り壊して、
3LDKから1LDKに変更し、30畳のリビングに変更してしまう。

また、リノベーションはデザインなども自分の好きなように
自由に変更することが可能です。

つまり、新築以上の価値になるだけでなく、世界でたった1つの
オリジナルの部屋にすることが出来るのです。

マンションリノベーション空室対策

古くなったからといってマンションを取り壊すのではなく、形を残したまま、
変えるところを全て変えていくという考え方が、今後の住宅の考え方です。

また、地方の物件などで空室が目立ち、取り壊しを考えていたマンションなどが、
新しい再生の道の選択肢として、リノベーションは大変注目されています。

これからの中古マンションは、今までのスクラップ&ビルドの考え方ではなく、
リノベーションがキーワードになってくるのではないかと思います。

もし、あなたが中古マンションを購入し、リノベーションを検討しているのであれば、
リノベーション費用見積り比較ナビに一度ご相談ください。

あなたの理想のお部屋が完成するまで、全力でサポートさせて頂きます。