トップ » リノベーション関連ページ » 税金が戻ってくる優遇制度

税金が戻ってくる優遇制度


バリアフリー・省エネリフォームをすると所得税が戻る

一定の省エネリフォーム、またはバリアフリーリフォームを行うと
かかった費用の10%が所得税から控除されます。控除額上限は
いずれも20万円になります。

ローンを利用して省エネおよびバリアフリーリフォームを行った
場合には、年末のローン残高に応じて所得税が4年間控除される
制度があります。

●控除対象となる工事内容と条件
 <省エネリフォーム>
  ・すべての居室の窓の改修
  ・床・天井・壁の断熱工事
  「次世代省エネルギー基準」以上の断熱性を持たせることが条件

 <バリアフリーリフォーム>
  ・廊下の拡幅
  ・階段の勾配緩和
  ・浴室やトイレ改良
  ・手すりの設置
  ・段差の解消
  ・床の滑り止め
  「控除適用される人の要件は、①50歳以上 ②要介護・要支援の
   認定者・障害者。 ③前述の②もしくは65歳以上の同居人はある人」

  省エネ・バリアフリーともに、30万円を超える工事が対象になります。

バリアフリーあるいは省エネ減税は、
大規模リフォームが対象の住宅ローン減税との選択制となります。